日経225日経225・日経225先物の説明部分上部
日経225トップページ >>日経225・日経225先物とは


日経225・・・東証一部上場銘柄のうち市場を代表する225銘柄の株価を対象とした株価指数のことで、日本経済新聞社が日々算出・公表しているものです。「日経225」と呼ばれているのは225銘柄あるからです。

日経225先物・・・日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引です。 対象となる商品(日経225)をあらかじめ決められた期日(満期日)に現実の株価指数を現時点の価格で売買することを契約する取引のことをいいます。日経平均を個別銘柄と思えばわかりやすいです。そして、株の先物取引とは、将来の一定の期日(限月)に、現時点で取り決めた条件(つまり、その時点の指数の売買価格)で買ったり、売ったをすることを約束する取引です。つまり、日経225の指数を、一銘柄と考えて、買ったり、売ったりするのですが株式投資と違うのは、限月という“○月までに、取引を終わらせてください” と 期限が決められているのです。日経225先物取引の取引期限月(げんげつ)は3月 ・6月・9月・12月と決まっていて、限月の第2金曜日の前日が清算日となり、この時の清算価格がSQです。また、証券会社を通じて大阪証券取引所に注文を出し、そこで取引されている日経225先物の価格で、買ったり売ったりすることができます。買い注文と売り注文が合致して取引が成立することを、約定といいます。



大きな違いは、期限があることと、証拠金と呼ばれる保証金により取引を行うことです。

1.先物には期限がある

通常の株式投資は値上がりを待って中長期にわたり保有することができますが、先物取引は期日が決められているため、損が出ていても期限になれば自動的に決済されてしまいます。もちろん、それまでなら株式投資のように市場で売買することは可能です。

2.証拠金で取引を行う

株式投資では10万円分の株を買うのに10万円が必要となります。これに対して、先物取引は「証拠金」と呼ばれる一種の保証金を預けて取引をします。例えば1,000円を保証金として預けることで10万円分の取引をするといったイメージです。


例えば、1500万円の株取引をするためには、通常1500万円の資金が必要です。でも少ない資金(例えば50万円)で1500万円分の取引ができるとしたら・・・日経225の主な魅力は下記の3点です。

1.倒産や上場廃止というリスクがない

倒産や上場廃止などの心配がありません。通常の個別企業の株式のようなインサイダー取引や粉飾決算などの企業内部のコンプライアンス問題、経営管理能力の欠如による経営指標の大幅修正に伴う株価の不安定さに振り回される(悩まさせる)こともありません。

2.銘柄選び不要、とにかくシンプル

個別企業の株式を買う場合には、現在上場している4,000銘柄近い企業の中から、各企業の業務内容、業績動向、現在の株価の妥当性などを一つ一つを調べなければなりません。一方、日経225先物日は経225の指数の上下動というシンプルな取引であり、個別企業選びのような面倒なリサーチは不要、日経225のチャートの動向だけに集中して取引します。

3.少ない資金でも大きなチャレンジができる

日経225先物、および日経225miniはレバレッジ取引ですので、実際の元手資金よりも大きな金額の取引が可能です。具体的には、日経225先物のレバレッジ(倍率)は1000倍なので10円上がると1万円の利益、日経225miniのレバレッジ(倍率)は100倍なので10円上がると1000円の利益が出ます。逆に、下がった場合には同額の損失が出ます。つまり、少ない資金で大きな勝負(投資チャレンジ)の出来る、資金効率のよい取引なのです。レバレッジとは「テコの原理」のことで小さな力で大きな物を動かすことを「レバレッジが効く」といいます。先物やオプション取引では少額の証拠金でその何倍もの取引を行って投資成果を上げることが可能になります。

日経225トップページ >>日経225・日経225先物とは