日経225日経225・日経225先物の説明部分上部
日経225トップページ >>メリットデメリット


取引には、常に利点とリスクが存在します。ここで、取引の概要などを理解し、多くの情報を手に入れるように心がけましょう。儲けるためには、努力が必要です。



1.少ない資金で大きな取引ができる

日経225先物取引では日経平均株価の1,000倍の値段の取引を行うことになります。例えば、日経平均株価が16,000円の場合1,600万円の取引をするわけです。といっても、株式投資のように1,600万円が必要なわけではありません。その取引額に応じた証拠金(例えば50万円等)を証券会社に預けることになります。
ただ、その場合でも利益は1,600万円を運用しているのと同じ効果がありますので少ない資金(証拠金)で大きな取引ができるわけです。

2.個別銘柄の選択が不要

日経225先物取引は基本的に日経平均株価に連動して動きます。日本を代表する225銘柄で構成される株価指数が対象なので、株式投資のように財務分析や銘柄選択などの作業は必要ありません。

3.倒産リスクを避けることができる

個別銘柄に投資した場合には、その企業が倒産した場合のリスクも考慮しておく必要があります。これに対して、日経225先物取引は株価指数を対象としているので、倒産リスクを避けることができます。

4.「金利」や「貸株料」が必要ない

日経225先物取引は、信用取引をおこなうときに考慮しておかなければならない、「金利」や「貸株料」は必要ありません。

5.相場の下落時でも利益を追求できる

日経225先物取引は、相場の上昇時には買いから、下落予想時には売りからスタートできますので、相場の下落時にも利益を追求することが可能です。

 

1.日経225先物取引の際の注意点

日経225先物取引は、「証拠金」を預けて、その数十倍の取引をおこなう商品です。このため、取引の際は大きな利益が見込める一方、損失も拡大するというリターンとリスクの両面を考えながら以下の点に注意が必要です。

2.元本及び利益が保証されていない

日経225先物取引の価格は、対象となる日経平均株価の変動等により値動きいたします。相場の変動によっては投資元本(証拠金)を割り込む(または、投資元本以上の損失を被る)場合があります。また、利益を保証するものではありません。

3.証拠金以上に損失が膨らむ可能性がある

日経225先物取引は取引金額(約定値段の1,000倍に取引数量を乗じた金額)に比べ少額の証拠金により取引をします。証拠金の数十倍程度が総取引金額となります。
大きな利益が期待できる一方で、相場が予想に反して推移した場合には損失が膨らむ可能性があります。また、その場合、相場の値動きの状況に応じて適切な対応をしないと、取引の担保として預けた証拠金以上の損失が生じることがあります。

4.証拠金の追加差し入れが必要な場合がある

相場の変動によっては、当初差し入れた証拠金では足りなくなり、取引を続けるためには追加の証拠金を現金で差し入れなければならない状況が発生します。

5.損失を抱えて建玉を強制的に決済されることがある

証券会社が定める所定の時限までに証拠金を差し入れない場合は、損失を抱えた状態で建玉の一部または全てが強制的に決済されることもあります。

6.取引に過熱感が生じた場合には規制措置が発動されることがある

取引に過熱感が生じた場合またはそのおそれがある場合には、証拠金の引き上げや証拠金の有価証券の代用の制限等の規制措置が発動されることがあります。このため、証拠金の追加差し入れや代用有価証券と現金との差換えなどが必要となる場合があります。

7.意図したとおりの取引ができないことがある

日経225先物の価格は需給により決定されます。相場が大きく変動した時は、意図したとおりの取引ができないこともあります。例えば、市場の値段が制限値幅に達したような場合、転売または買戻しによる決済ができない状況が発生する可能性もあります。
このため、取引にあたっては以下のことに気をつけてください。
取引方針を決めておくこと
日経225先物取引は、相場の見通しが外れた際、短期間で証拠金を上回る損失が発生する場合もあります。相場の見通しは必ずしも予測のとおり動くとは限りません。わずかな変動でも損益に大きな影響を及ぼします。このため、取引の際は予め自分なりの投資方針(投資限度額、利益目標、損失限度額など)を決めておき、適切な対処が取れる余裕を自分自身に持たせておくことが重要です。




日経225トップページ >>メリットデメリット